オーディオラック・スパイク受け・オーディオケーブル・レコードクリーナー・レコード内袋

アレイ テクノロジー



コードカンパニーの画期的な技術、
ARAY Technology(アレイ テクノロジー)シリーズ
とは



コードカンパニーは創業30数年に渡り、常に最新の技術や素材を採用してまいりました。このなかでも特に近年開発されたアレイ テクノロジー シリーズは、世界でも類を見ない革新的な技術として同社の多くのラインケーブルに採用されています。
では、これはどういったものなのでしょうか?


反射現象という問題

ハイファイオーディオを構築するにあたり、解決すべき音質劣化の要因は数多くあります。このなかでオーディオケーブルの最も重要な役目は、機器間でのロスが生じないこと、そして一切干渉を加えないことです。これが音楽の再現性(=フィデリティ)を大きく左右します。このためには一般的に線材の材質や太さ、純度、抵抗値等のスペックが重要視されていますが、コードカンパニーはさらに重要な問題に注目しました。

それは、プラグの接点において発生する「反射現象」です。

これは音楽信号がケーブルを通ってやり取りされる際に、機器とのプラグの接点において信号のごく一部が反射し、位相の変位(電子的なノイズ)を発生してしまうというものです。これが機器に伝達され、音楽に歪みが発生するのです。


Super ARAY Technology(スーパー アレイ テクノロジーとは)

この問題を解決すべく開発されたのが、アレイ テクノロジー シリーズです。その中でもトップグレードである「スーパー アレイ テクノロジー」はChordMusic(コードミュージック)とSarum(セイラム)のラインケーブルに搭載されています。下記のRCAケーブルの例をご覧ください。

一般とスーパーアレイRCA

一般的なケーブルでは、トランスなどからの低周波(ハムノイズ)の影響を抑えるため、RCAケーブルではコールドを、XLRケーブルではグラウンドを編線シールドにすることでホット等を覆う構成となっています。しかし同社は、この場合編線シールドがノイズを吸収するアンテナになってしまい、それが機器へ伝達されることによって音質劣化を招くと考えました。そこでコールドやグラウンドにもホットと同一の芯線を用い、編線シールドを信号線から電気的に独立させたものを同社のケーブルの基本的な構成として採用しています。(※) これにより電磁波等から音楽信号を守りつつ、それを機器に伝達しない構造となっています。その構造をベースに、スーパーアレイテクノロジーでは新たな芯線(アレイ線)をホット・コールド(XLRの場合はグラウンドにも)それぞれの(ケーブルにおける)出力側の根元に接続し、反対側の端は入力側で接続せずに切り落としております。この線が反射した信号を減衰させ、機器への悪影響を低減しています。またそれぞれのアレイ線の太さ・長さは、それぞれのモデルの種類や長さ、またホット、コールド用に全てリスニングテストで吟味したものが装着されています。これにより、反射現象による影響を最小限に抑えることに成功しています。


Tuned ARAY Technology(チューンド アレイ テクノロジー)とは

下記の図をご覧ください。

チューンドアレイRCA

アレイ テクノロジー シリーズのミドルクラスであるチューンド アレイ テクノロジーでは、一本のアレイ線をコールドに繋げております。これはアレイ線を一本のみ追加する際に、コールドに接続したものが最もリスニングテストの結果が良好だったためです。このアレイ線の太さ・長さはそれぞれのモデルの種類や長さごとに吟味(チューン)されたものが採用されており、反射現象の影響を効率的に軽減しております。


(標準の)ARAY Technologyとは

下記の図をご覧ください。

アレイRCA

同社の人気モデル、アンテムリファレンスRCA等には、上記の二種のテクノロジーの元となったアレイ テクノロジーが搭載されています。同技術にも(チューンドアレイの様に吟味された太さ・長さではありませんが)アレイ線が採用されており、反射現象の軽減を極めて高いコストパフォーマンスと共に実現しています。



(※・・・RCAで3m以上の長さをご注文の場合、カデンツァリファレンスXLR、またMMカートリッジへのご使用の場合は上記の構造と異なります。詳細はお問い合わせください。)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional