オーディオラック・スパイク受け・オーディオケーブル・レコードクリーナー・レコード内袋

スパイクマウント TOP

スパイクマウント


Silent Mount

サイレント マウント


試行錯誤の末にたどり着いた、
特殊な2重構造による
制振構造を採用

アンダンテラルゴSM


 近年の高性能ラックやスピーカー、アンプ、プレイヤー等には、スパイクを底部に装備した製品が数多くあります。これは床や棚板との振動伝達を効果的にカットできる上、接地部分を明確化してガタツキを抑えることもでき、大きな音質向上につながります。

 しかし本来は効果の高いスパイクも、絨毯やフローリング、ラック棚板のような柔らかい表面に直接設置したのでは、十分な音質効果を発揮しません。それどころかむしろ曖昧な状況を作ってしまい、音質劣化の原因となることもあります。また床をキズ付けたくない等の理由で、本来はスパイクを使う前提で設計された機器から取り外すユーザーも多いのです。

 現状では十分に性能や機能が発揮されないまま使われることが大半ですが、それらの機器は本来スパイクを使ってこそ最高のパフォーマンスを発揮するよう設計された製品であり、良質なスパイクマウント(受座)と組み合わせることでベストの環境となるのです。
アンダンテラルゴはサイレントマウントの使用をお薦めします。


Silent Mountは

 Silent Mount (サイレントマウント) は、アンダンテラルゴが独自に開発した理想的なスパイクマウント(受座)です。ピアニシモからフォルテまで緻密でしなやかな音色や演奏の機微、音楽性をフルに発揮させ、素晴らしい効果をもたらします。

 また、スパイクをしっかりと受け止めながらも素材特有の色づけや歪感を徹底的に排除。
 厳選された高剛性で音質的に優れた金属が特殊な2 重構造で組み合わさることで制振効果を発揮し、本来の音楽性や音色を損なわないスパイクマウントとして設計されております。

silentmount-03[1]



サイレントマウントテクノロジー


 開発に際してのテーマは、「自然界にないほどの静けさ」でした。
このためにはスパイクマウントも「静か」であることが重要だと考えました。

 演奏中、マウントも含め全てのオーディオ機器はスピーカー等からの振動によって絶えず振動しています。その際マウントは振動によって共鳴し、そのノイズが床やラックを介して機器に伝わることで音楽性を損なってしまいます。そこで私たちは、その共鳴を抑えることで「静か」なマウントになると考えました。

 そのためには一般的に柔らかい素材や内部損失の多い素材が用いられますが、それではスパイク先端からの数十、数百kgもの荷重に耐えられないだけでなく、試聴の結果も好ましくありませんでした。そこで次に、硬度の高い素材で多くの試作品を製作しました。ところが比較的に音の良かったものは皆、軽くはじくだけで「チーン」と見事に鳴ってしまう、すなわち共鳴しやすい素材だったのです。そしてそれらの試作品では、それぞれの素材特有の共鳴による色付けが音楽に現れてしまいました。
 スパイクマウントを「静か」にするという目標と相反するこの結果は、開発の上で大きな壁となりました。

 その後約一年半に渡り試行錯誤を繰り返し、単体では共鳴してしまう素材であっても、何十という組み合わせの中からもう一つの素材「キャンセルリング」と組み合わせ、2重構造とすることで共鳴音をキャンセルする(打ち消す)、「サイレントマウントテクノロジー」を確立いたしました。



徹底した低重心設計


 また、私たちはスピーカーやラックを設置する際の高さを非常に重要視しています。一般的にスパイクマウントは、堅牢で共振しないものを作ろうとするとどうしても厚手なものになりがちです。しかしその場合のデメリットとして、スパイクを受ける位置が床からずっと高くなり、マウント自体がグラつきやすくなってしまいます。この状態ではその上に設置する機器本体も不安定になり、音質劣化を起こします。

 サイレントマウントでは、特殊なステンレスやチタンを使用し極めて強固な造りとしつつも、特殊な形状により床面からスパイク先端までのリフト量をスピーカー用70mm径のSM-7Aでわずか5mm、ラック・アンプ等用50mm径のSM-5Aでは3mmにまで抑えました。このようにリフトを可能な限り抑えることでスパイクマウント自身もしっかりと安定し、機器もまた安定して設置することができるのです。

 また、これはもう一つの大きなメリットを生み出します。それは音質に様々な影響をもたらすレゾナンス(共鳴音)の削減です。オーディオの設置環境で音質に影響を及ぼすレゾナンスが定在するのは、スピーカー等の機器の底面から床までの隙間です。これを極力少なくすることで余計なレゾナンスを減らすことができるのです。
( スピーカー用には大きな外径で重量のあるSM-7Aを、ラック・アンプ用には小さな外径で軽量なSM-5A等を推奨します。)



付属の音質調整フェルトについて


当社のスパイクマウントは、全種に「音質調整フェルト」が付属しております。これは設置する床面の保護効果もありますが、ご使用の条件によっては音質に大きく貢献するものです。詳細は製品箱の裏をご参照ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional