オーディオラック・スパイク受け・オーディオケーブル・レコードクリーナー・レコード内袋

リジッドシリーズのこだわり




 自社工房にて一台一台をハンドビルト



 基本フレームを一台ごとに自社工房にて組立ててお届けします。

 100箇所をこえる旋盤切削と表面処理の工程、高強度の接着剤による精密な接着行程

 ご注文いただいてから完成までの所要日数はおよそ20~60日です。



特殊積層合板による天板

オーディオラック 天板






 Rigid Series共通の棚板は
 高級感溢れるチェリー仕上げ

 材質はオーディオラックに最適な材質・構造を吟味し、視聴を繰り返して開発された特殊な積層合板製。木特有の音色に頼ることなく、素材のクセやキャラクターで再生音に色付けしないように考慮しました。

 棚板自体の制振、オーディオ機器と棚板の間での共鳴回避のために、中央には非対称形状の開口部を設けています。棚板には、標準型開口形状のKTタイプ、開口口のないブランクタイプの他、各種オプションを用意しています。

天板バリエーション一覧

特殊な積層合板製
特殊な積層合板製
非対称形状の開口部
非対称形状の開口部








画像はクリックで拡大します


高強度フレーム構造


パイプフレーム

 全シリーズで非磁性のパイプフレームを採用。すべてのパイプは繋ぎ目のない1本もので、強度不足や経年変化による音質劣化がありません。



継ぎ目のないパイプフレーム
継ぎ目のないパイプフレーム
継ぎ目のないパイプフレーム
パイプ両端には、接着を強固なものにするための処理を施しています。
パイプ両端には、接着を強固なものにするための処理を施しています。
 主要モデルが採用するチタンパイプは軽量で高強度、また音への金属的な色付けが少ないという性質があります。そのパイプ内部に複雑な制振処理を施すことで機器やスピーカーとの共鳴を防ぎ、静粛化を実現しました。

パイプ両端には、接着を強固なものにするための処理を施しています。

(画像はクリックで拡大します)


コーナージョイント

 強度が必要なコーナージョイント部は特注のアルミダイキャストを精密切削。軽量化と堅牢性を両立させました。パイプとジョイントの結合には、航空機やレーシングカーなどに用いられるきわめて強度の高い構造用ハイテク接着剤を採用し、溶接やロウ付けでは望めない微振動の抑制と高強度な結合を可能にしています。
特注のアルミダイキャスト
特注のアルミダイキャスト特注のアルミダイキャスト(クリックで拡大)


支持ブラキット(*Rigid Towerのみ採用)

 中棚板を支える為の支持ブラキットは強度と軽量化を兼ね備えた超々ジェラルミン(7075)材からの削り出し。万一の棚板の落下を防止の為に巧みな形状に加工。チタンパイプとの接続には高性能な構造用接着剤を駆使し、独自の手法で固定。必要最小限のパイプ本数でラックフレームを構築しています。オプションのロングトップスパイクに変更して、棚板を標準より10mm上に移動することも可能です。

アクセサリー商品一覧

超々ジェラルミン(0705)材削りだし
超々ジェラルミン(0705)材削りだし
チタンパイプとの固定
チタンパイプとの固定
標準スパイクとオプションロングスパイク

標準スパイクと
オプションロングスパイク


特殊ステンレス製スパイク


スパイク

特殊ステンレス製スパイクをコーナージョイント底部だけでなく、全ての中棚板受けにも採用。
*Weefolk Boardは底部のみ





支持ブラキットと特殊ステンレス製スパイク・スパイク受け(リジッドタワー)
支持ブラキットと特殊ステンレス製スパイク
支持ブラキットと特殊ステンレス製スパイク


精密な高さ調整機能
精密な高さ調整機能
コーナージョイント底部のスパイクは、オーディオラックの4隅にかかる荷重を均等化すると同時に床面の傾斜に対処する為、精密な高さ調整機能を持ち、調整後はナットで固定しラックと一体化することで最良の音質を達成。





精密な高さ調整機能


更に弊社のSilent Mountを併用することにより床からの振動を効果的に遮断、ラックのガタつきも抑えてスパイクの効果を最大限に発揮します。

サイレントマウント商品一覧




スパイク受け Silent Mount
スパイク受け Silent Mountスパイク受け Silent Mount


チタン・マウントトップ

Rigid Tower / Rigid Tableに付属のステンレストップマウントと交換する事で音の美しさと静けさ、ストレスのない空間の広がり、より明瞭な音階と豊かな低音などラックの効果を一段と高めます。

アクセサリー商品一覧
チタン・マウントトップ
チタン・マウントトップ

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional