コードカンパニーのこだわり

最重要としている高周波対策

 オーディオ・映像の分野に限らず、どんな機器も周囲に渦巻く電気的なノイズの影響を受けています。ケーブルの場合は、機器に接続すると同時にノイズを拾うアンテナとなり、機器内部へ伝えてしまう危険性があります。

 電気的ノイズにも種類があります。人間の可聴音域で普通にノイズとして聴こえるもの、例えば「ブーン」というハムノイズ(主に50・60Hzの低周波な電気的ノイズ / 以下、低周波ノイズ)の対策をすると気持ち良く音楽再生ができることは、特にレコードリスナーの方はご存じのことと思います。

 しかし近年急激に進歩しているデジタルの世界は、低周波ノイズ(ハムノイズ)とはまた別次元に強力なノイズをもたらしています。今や私たちの生活に欠かせない
・Wi-Fi
・ブルートゥース
・4Gや5Gの回線
・LEDの照明機器
・スイッチング電源
等々、様々な電子機器が発する高周波な電気的ノイズ(以下、高周波ノイズ)です。

 はるかに可聴帯域を越えるノイズ(例:Wi-Fiは2.4GHz)ですが、これもケーブル等を介して機器に侵入しています。そしてこれはノイズの量が云々という以上に、電子機器の動作上で非常に厄介な存在で、大きな歪みを引き起こして音楽・映像情報を損傷させているのです。

 「ブーン」と聞こえるハムノイズと違い、高周波ノイズの影響を普段の生活では理解しにくいかもしれません。しかし実例をあげると、旅客機の離着陸時に携帯電話の電源を切るのも、高周波ノイズによる運行機器の誤作動を防ぐためです。それだけの影響力を持つノイズが、非常に繊細な情報を扱うオーディオや映像の機器には無関係な「はずがない」のです。

 コードカンパニーでは、高周波ノイズによる音楽・映像信号への影響を世界に先駆けて発見し、長年研究を続けてきました。そして低周波ノイズ(ハムノイズ)と高周波ノイズの両方をシールド(防御)する設計を、積極的に採用してきました。

 コードカンパニーのこだわりは下記の各項目のように数多くあります。その中でもノイズ対策は最も大切にしており、アレイ技術等の各技術の基礎としても製品に根付いているのです。

アレイ テクノロジー

 画期的な独自の技術「アレイ テクノロジー」は3段階のグレードで展開しております。詳細は>>こちら<<をご覧ください

全機種で共通の「音」

 「コードのケーブルは各々、どういった音のキャラクター(味付け)なの?」というご質問をよくいただきます。オーディオの世界においては「暖かい音」「音圧が増す」「ジャズ向き」「重心が下がる」等の ”味付け” がよく行われています。その中でコードカンパニーは「音楽性をありのままに届ける」という姿勢を貫き、結果として全機種「ニュートラル(味付けナシ)」となっています。

 これは、彼らがケーブル作りにおいて「伝送する音楽・映像情報は全てが作品の一部であり、ケーブルは足し算・引き算をせず”ありのまま“に伝えてこそ真摯な姿勢である、と考えているからです。全てをこの思想で開発・製作しているため、比較的リーズナブルなモデルから最高峰コードミュージックまで、方向性は「ニュートラル」で共通しております。

スピーカープラグ「ChordOhmic」


RCAプラグ「VEE 3」


ダイレクト銀メッキ


絶縁材タイロン