接点拡張安定剤概要

アンダンテラルゴの 接点拡張安定剤 “TMD” Trans Music Device (トランスミュージック デバイス) オーディオシステムにおいて、音質や音楽表現の損失が最も大きい部分はどこでしょうか? プレーヤーでしょうか?それともプリアンプやパワーアンプ、スピーカーでしょうか? その答えは十人十色でしょう。 アンダンテラルゴの答えは、そのいずれでもありません。

オーディオ最大の弱点は接点

どんなに高級なオーディオ製品であっても、ケーブルで接続しなければシステムは構成できません。接続コネクターには金属製の電気接点が必ず存在し、これを介して音楽信号は伝達されていきます。 しかし金属の表面は顕微鏡レベルで見ると非常に粗く、いざ接続しても接触部分は小さな「点」の集合にすぎません。これはいくら導電率の高いメッキを施したところでも同様です。 音楽信号はこの「点」と「点」という非常に頼りない接触によって伝送されており、常に不安定な状態にあります。特に振動の多い箇所(スピーカー、カートリッジ、カーオーディオなど)においては微細な接触不良が無数に発生し、信号経路を混濁させて大きな歪みを引き起こしています。 独自開発のTMD「ポリマー」は金属表面、さらには内部まで浸透し凝固。微細な凹凸を埋めて接点同士の隙間を埋め、”点接触”を”面接触”に変えることで音楽信号を確実に伝送させます。また音楽信号の通らない電源ケーブルにおいても、面接触による安定した電力供給で音質に大きく貢献します。 不要な液は一切残らないクリーンな設計。高温になる端子での使用も問題ございませんので、あらゆる接点にお試しください。ポリマー使用前に端子を磨く「ポリッシュ」や、弊社推奨の綿棒と紙ウエスのサンプルも付属しています。  

持続する効果

音質改善効果は、一瞬では意味がありません。持続してこそ意味を持つものではないでしょうか。TMD「ポリマー」は長年のテストと研究の結果、変質等による経年劣化もなく安心してお使いいただけます。(空気中の汚れの付着や金属自身の酸化等へ対処するため、3~6ヵ月に1度ポリマーを再塗布するメンテナンスを推奨いたします。)  

使用法

ポリッシュ、ポリマー共によく振ってからご使用ください。 ステップ1:ポリッシュを1~2滴、綿棒や紙ウエス(キムワイプ等)に浸して接点をクリーニングします。終了したらきれいに拭き取ります。 ステップ2:ポリマーを1~2滴、綿棒に浸して金属部分にのみ塗布します。10分置いた後、綿棒や紙ウエスで拭きあげて終了。 その後すぐにご使用いただけますが、十分な効果を発揮するまでには1~2日ほど要します。 ステップ2+:1度の処理でも十分な効果が得られますが、ステップ2を終了から30~60分後にもう1度繰り返していただくと一層効果を高めることができます。 定期メンテナンス:上記の手順で1度TMDを施した端子は、以降の定期メンテナンスとして3~6ヵ月毎に「ステップ2」のポリマー処理を推奨いたします。空気中の汚れの付着や金属自身の酸化等へ対処し、常に万全を期すことができます。 当製品には弊社推奨の綿棒や紙ウエスのサンプルが付属(※)しており、取扱説明書にてメーカー名・商品名をご案内しております。大手のドラッグストア等でお求めいただけます。(※詰め替え用のPLY-10とPLY-20を除く)

ご注意

  • 上記ステップ1で使用する「ポリッシュ」には使用期限(1年)がございます。期限内に使いきれる量をお買い求めください。ヘッドフォン等の小さな端子や、お試し用として使用される場合はTMD-3 をおすすめいたします。
  • 本製品は過剰な量を塗布しても効果は変わらないばかりか、予期せぬトラブルの原因となる場合もございます。適量でのご使用をお願いいたします。
  • 本製品は力強く塗る・拭き取る必要はございません。プラグ等を損傷しない程度の力加減でご使用ください。
音楽本来の情熱をフルに呼び覚まし、存分にお楽しみください。