レコードクリーナー概要

バキューム式 レコードクリーナー
 「プチプチ」という耳につくノイズを取るだけのクリーナーは数多くあります。そこにとどまらず、音溝深くの塵芥をも吸い上げて「レコードならではの音楽性を取り戻す」というクリーニングの真髄と言える領域において、ハンルとネッシーは真価を発揮いたします。

レコードクリーナー商品一覧はこちら

バキューム式にこだわる「理由」

 近年は様々な方式のレコードクリーナーが発売されています。アンダンテラルゴがお届けするハンル・ネッシーはその中でバキューム式と呼ばれるもので、以下のような方式です。

①毎回、新鮮な洗浄液を盤面に散布
②洗浄液に含まれる界面活性剤とブラシの力で汚れを浮き上がらせる
③バキュームの負圧で汚れを洗浄液と共に吸い上げて排出・乾燥

 特に③の吸い上げる「瞬間」は盤面において強力な水流が発生するため、音溝深くのカビ・微細な塵までも吸い上げることができ、非常に効果的な「クリーニング」となります。

また他の方式で見られる下記のような工程も、ございません。
▲洗浄液の再利用:前に洗浄したレコードの汚れ(特にカビ)が移る・浄化フィルター付きでもその作用には限界がある
▲クロス等での拭き上げ :入念に拭くほどキズと静電気が発生する上、音溝深くの汚れや水分はほとんど除去できない・使用した液の成分によってはノイズ源がコーティングされて静かに感じるが、同時に大切な倍音成分も封じられてしまい、レコード本来の生き生きとした響きを失う
▲送風等による乾燥:汚れや液の含有成分が盤面に固着する・大気中のホコリが付着する


●界面活性剤入りの清潔な流水で汚れをかき出し、吸い上げる●

 これは( 様々な技術が進歩した現代においても、洗濯機がこの方式であり続けるように )、適切なクリーニングを行う上で不可欠な工程なのです。

 ハンルとネッシーはプチプチという表面的なノイズを取り除く「だけ」のためには非常に高価なマシンです。しかし、適切なクリーニングで本来の音楽性・躍動感を取り戻すという「レコードクリーニングの真髄」と言える領域において、真価を発揮いたします。