オーディオラック・スパイク受け・オーディオケーブル・レコードクリーナー・レコード内袋

レコード内袋詳細




AL300 / AL100 / AL25




画像の説明

30cmレコード内袋

AL300 (30cm レコード用300枚) \68,000
AL100 (30cm レコード用100枚) \25,000
AL 25 (30cm レコード用 25枚) \7,000    

2重素材

 
 グラシン紙とは吸湿性、防湿性、防カビ特性に優れた素材です。また紙の微粉を発生しない点、一般のポリエチレン袋のように静電気を発生しない等の点がレコード愛好家の間では、レコード内袋の素材として理想的なものと考えられていました。その反面、弱点もあり強度が乏しいこと、高価な素材であること等の理由で今まであまり普及することがありませんでした。

 アンダンテラルゴのレコード内袋はグラシン紙を内側に採用し外側には耐久性の優れた上質紙を使用、手作業による糊づけ等のあえてコストのかかる2重内袋の構造とすることで吸湿性と耐久性を両立させました。


形状

 内袋の四隅には丸いカットが施されています。これはアウタージャケットからの出し入れがとても楽なのと、ジャケットに亀裂を起こさないためにも良いものです。ただ一般的なジャケットのように下部の丸カット部が切りっぱなしで口が開いたままですと、自然とアウタージャケット内の下部に溜まるホコリを内袋の内側に自ら侵入させてしまいます。

 弊社のグラシン内袋はその点も考慮され、下部の隅が丸カットされていながらも、ホコリが侵入しないよう丁寧に封印されておりますので安心です。


接着剤

 2重内袋の糊づけにはレコードに対する経年変化に不安がある化学合成の接着剤ではなく、レコード盤によりやさしい自然の澱粉のり等が採用されています。


使用方法

 レコード洗浄後、洗浄液の吸引または入念な拭き取りの後で、間もなく(濡れたままのレコードは不可)レコードを収納しても問題が有りません。洗浄したレコードはこの内袋に収めた状態で微粉塵にさらされることなく室内の風通しの良いところに半日置き、充分に乾燥したところでジャケットにお戻しください。


メモ欄

 この内袋には新たな特徴として収納するレコードのタイトルやクリーニングの履歴などの記入ができるメモ欄が裏面に印刷されています。内袋とレコード盤の入れ替わりを防ぐとともに、定期的なレコードのお手入れをなさる方にとってもたいへん便利な仕様です。

andanteacc-20[1]andanteacc-22[1]andanteacc-24[1]

(画像はクリックで拡大)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional