GroundARAY

グラウンドアレイ(写真はプロトタイプ)

 この度CHORD COMPANY ( コードカンパニー ) は、新製品「 GroundARAY ( グラウンド アレイ ) 」を全世界に先駆け、日本にて発表いたしました。(他の国では来春発売)

本製品はコンポーネントの空き端子(使用されていない端子)に差すことで内部に渦巻くノイズを吸収し、熱エネルギーに変換・発散します。
 信号経路の途中に組み込むフィルターや回路ではなく、コールドもしくはグラウンドの端子のみに作用する設計を採用。最高峰コードミュージックと同等の振動対策・シールドを採用し、同社内でも特に熟練の職人のみによって高精度に組み上げられています。

様々な端子のラインナップでオーディオのみならず、映像の分野にも大きく貢献いたします。またお使いの機器や使用状況によって

・どのコンポーネントに差すか
・どの端子に差すか

の違いもお楽しみいただけます。

12月に発売予定です。
無料でのお貸出しも予定しておりますので、ぜひ1度お試しください。

オーディオアクセサリー銘機賞にて、最高賞の「グランプリ」をいただきました。

>>受賞の詳細はコチラ<<

ラインナップ

端子 価格
・RCA ・XLRオス ・XLRメス ・BNC ・USB ・HDMI ・LAN ( RJ45 ) ¥88,000

スペック

サイズ (長さ×直径) 約90㎜ × 約20㎜ (端子部分を除く)
重量 約60g

以下、コードカンパニーによる解説の和訳を掲載いたします。

「ノイズ」の正体と発生源

 オーディオ・映像の分野に限らず、どんな機器も周囲に渦巻く電気的なノイズの影響を受けています。ケーブルの場合は、機器につないだと同時にノイズを拾うアンテナとなって機器内部へ伝えてしまう危険性があります。

 電気的ノイズにも種類があります。人間の可聴音域で普通にノイズとして聴こえるもの、例えば「ブーン」というハムノイズ(主に50・60Hzの低周波な電気的ノイズ / 以下、低周波ノイズ)の対策をすると気持ち良く音楽再生ができることは、特にレコードリスナーの方はご存じのことと思います。

 しかし近年急激に進歩しているデジタルの世界は、低周波ノイズ(ハムノイズ)とはまた別次元に強力なノイズをもたらしています。今や私たちの生活に欠かせないWi-Fi・ブルートゥース・4Gや5Gの回線・LEDの照明機器・スイッチング電源等々、様々な電子機器が発する高周波な電気的ノイズ(以下、高周波ノイズ)です。

 はるかに可聴帯域を越えるノイズ(例:Wi-Fiは2.4GHz)ですが、これもケーブル等を介して機器に侵入しています。そしてこれはノイズの量が云々という以上に電子機器の動作上で非常に厄介な存在で、大きな歪みを引き起こし、音楽・映像情報を損傷させているのです。

 「ブーン」と鳴るハムノイズと違い、高周波ノイズの影響を普段の生活では理解しにくいかもしれません。しかし実例をあげると、旅客機の離着陸時に携帯電話の電源を切るのも、高周波ノイズによる運行機器の誤作動を防ぐためです。それだけの影響力を持つノイズが、非常に繊細な情報を扱うオーディオや映像の機器には無関係な「はずがない」のです。

 コードカンパニーでは、高周波ノイズによる音楽・映像信号への影響を世界に先駆けて発見し、長年研究を続けてきました。そして低周波ノイズ(ハムノイズ)と高周波ノイズの両方をシールド(防御)する設計を、積極的に採用してきました。

 しかしもっと困るのは、それだけの対策を施しても実は発生源がオーディオ・映像機器の内部にも存在しているということです。動作することにより、ノイズが発生。しかもそれが自身だけでなく、他の機器にも電源やアースを介して互いに影響を与えているのです。

これまで蓄積した独自技術を応用

 研究を進めた結果、機器内に渦巻く高周波ノイズを減衰する手法を見出しました。これは私たちが採用してきたシールドケーブルの構造でこそ実現できる技術であり、これを「チューンドアレイ」と命名し、2012年に発売いたしました。今回の「グランドアレイ」はこの「チューンドアレイ」のノウハウを用い、ノイズ対策専用の製品として開発したものです。他メーカー様もノイズ対策アクセサリーを様々なアプローチで展開されていますが、私たちはこれまで蓄積した独自技術の応用という形で2017年に開発に着手しました。そして2年の歳月を経て、この「グラウンドアレイ」が誕生したのです。

 内部には電気的にパッシブ(独自の回路で接続機器へ自発的に働きかける等の作用を持たない)な5つの素子がグラウンドにのみ作用する形で組み込まれています。各素子が別の帯域を受け持って効率的にノイズを吸収しています。そして吸収したノイズを熱に変換することで発散する、というのが基本的な原理です。

 ケースには切削のアルミニウムを採用しています。これは内部のシールドと共に外部の高周波ノイズから素子を守っており、グラウンドアレイ自体がノイズを拾うアンテナとなることも防いでいます。またケース内は振動減衰に優れた素材で満たされており、共鳴対策も万全です。これら振動・ノイズ対策のレベルは最高峰コードミュージックと同等のもので、同じ熟練の職人によって寸分の狂いなく製作されています。また軽量設計にも配慮しており、接続部分の力学的負担は一般的なケーブルを接続した際と同程度に収めています。

 アレイ技術の効果は各パーツのクオリティや組付け精度に大きく左右されます。私たちの長年にわたる高周波対策とアレイ技術の蓄積があってこそ、グラウンドアレイは誕生したのです。

使用法

 使い方はシンプルで、コンポーネントの空き端子に挿すだけでセット完了です。アナログ機器やデジタル機器を問わず、またオーディオにも、映像の分野にも、分け隔てなくご使用いただけます。

 まずはCDプレイヤー等、ソース機器の出力端子への接続をお勧めいたします。ストリーミングをご利用の方は、スイッチングハブがあらゆるオーディオ機器の中で最もノイズに溢れていることを念頭に接続場所を検討してください。

 また2つ、3つを様々な機器に接続していただいても効果的です。基本的にはステレオアンプの場合でもどちらかのチャンネルに挿すで充分ですが、左右両チャンネルに挿すとより効果的な場合もございます。DACとストリーミング機器、プロジェクターやテレビの映像にご使用いただいた場合にも、改善が見られるでしょう。さまざまなシチュエーションでお楽しみいただけると幸いです。

Chord Company
Managing Director
Alan Gibb

参照