Rigid Table Silence

リジッドテーブル サイレンス

 Rigid Table Silence (リジッドテーブル サイレンス) は、アンダンテラルゴが提唱する「 ラックの4原則 」をもっとも忠実に表したハンドメイドのオーディオテーブル(プレーヤー台)です。

 下記3種類のフレームサイズと多彩な棚板形状バリエーションで展開しております。パワーサプライや小型アンプなどが置ける Weefolk Audio Board (ウィーフォークオーディオボード)と併用することで、高音質かつスタイリッシュな2 段構成でもご使用いただけます。

ラインナップ

高さは全て465mm
棚板サイズ(mm) 600×480 520×410 470×370 470×370
製品名と価格 ALT S-600T ¥360,000 ALT S-520T ¥330,000 ALT S-12T ¥300,000 ALT S-12A ¥180,000
 

特徴

  • フレームのカラーはシルバー(写真)とブラックの2色
  • 軽量かつ堅牢なフレーム部は25mm径・1mm厚のチタンパイプ製 (ALT S-12Aのみ、同じ寸法のアルミパイプ製)
  • パイプの内壁にはシリコン多重コーティングとウェイト(サイレントマウントテクノロジーの応用)を採用し、スピーカー等との共鳴を抑制。その他の内部スペースにもニュージーランド産羊毛を吸音・制振素材として挿入。
  • フレームのコーナー部に使用する三方ジョイントはアルミニウム製。試行錯誤を重ねた形状へ精密切削し、強靭さと軽量設計を両立。
  • 組み立てにおいては(歪みを起こしてフレームにストレスを残しやすい電気溶接ではなく、)レースカー等にも用いられる超高強度な接着剤(3M™ Scotch-Weld™ StructuralGlueDP-460)を使用。
  • 脚部と棚板の支持には、振動伝達を効率的にカットするスパイク機構を採用
  • ガタの無い確実な設置のため、脚部のスパイクには精密な高さ調整機能を搭載
  • 棚板の素材には制振性と強度、(湿度等による)歪みにくさを高次元で実現する特殊な積層合板を採用
  • 標準の棚板には非対称形状の開口部を設け、機器底面との間で発生するレゾナンスや天板自身の共鳴を抑制
  • オプションとして多彩な棚板バリエーションをご用意(下記「棚板バリエーションはこちら」参照)
  • ALT S-12T(A)でリン LP12を使用される場合はオプションのソリッドベースアタッチメントを推奨
  • 弊社のスパイク受けSM-5X、もしくはSM-5TXとベストマッチ(下記のリンク参照)
 

推奨スパイク受け


参照