Shawline RCA
for Sub woofer

ショーライン RCA サブウーファー用

 コードカンパニーがハイエンドモデルから採用してきた、線材へのダイレクト銀メッキを採用。また アレイテクノロジー や編線&ホイルの2重シールドも搭載しております。同社の定番技術が凝縮された意欲作です。

ラインナップ

内容 長さ 価格
RCA モノ 3.0m(*) ¥34,000
RCA モノ 5.0m ¥50,000
延長分 片CH @1.0m ¥8,000

長さは0.1m単位で自由にご注文いただけます(*の長さ以上)



特徴

  • 線材は、高品位な無酸素銅にこだわりのダイレクト銀メッキを採用。銀メッキは銅線の酸化による経年劣化を防止しています。
  • 前述の銀メッキ施工には「ダイレクト プレーティング」を採用。一般的なメッキで必要とされる下地処理の素材が音質・画質の観点から好ましくないため、無酸素銅へ銀を直接メッキする特殊かつ高コストな方法です。伝送効率に優れる銅・銀がポテンシャルを最大限に発揮できる上、工程の中で銅の表面が整えられ、表面付近を伝導する信号の流れをスムーズにして位相変異を抑えるという副次的効果も備えています。
  • 絶縁体にはFEPを採用。
  • ケーブル外部からのノイズ、特に高周波(通信回線等による電気的ノイズ)から信号を守るため、編線シールドとラップホイルシールドを採用。
  • プラグには特注の「VEE3」を採用。接点部分には銀メッキ (ダイレクトプレーティング)を採用しています。金属部分をあえてコンパクトに設計することで、信号に悪影響を及ぼす電磁波等の侵入を抑制。また、安定した接点圧と振動減衰を実現するためにABS樹脂製のカバーも特注品となっています。軽量なため、振動による悪影響も受けにくい設計です。